サイクリングルート01
1hours
00km
サイクリングの運動効率を高め、健康維持・体力増進を目指すスペシャルプログラム。
整体師監修サイクリングヘルスコース

全身運動であるサイクリングの効果を最大限に高めるべく、現役整体師監修のプログラムを受けていただきながら走る継続型のコースです。早朝からスタートして約1時間、庵治半島の心安らぐ風景を通過しながらペダルを漕いでいきます。ルート内には高台から見下ろす高松の景色や植生を目にできるスポットがあり、気持ちよく風を切ってめぐることができます。

サイクリングマップ
Cycling Spot
おすすめのサイクリングスポット
No.1
地元民に愛される、秋祭りが名物の神社。
白羽神社

牟礼地区の氏神様でもある、地元に根ざした神社。毎年秋の秋祭りになると、四国沿岸の一部地域でしか見られない「ちょうさ」(太鼓台)を勇猛に引く、地元民たちの姿を目にできます。民家から高台にある境内までは、100メートル以上を上るゆるやかな参道になっています。上りきって振り返ると、広がる絶景に魅了されます。

No.2
抜けるように広がる、高松の市街地を見渡せる場所。
調整池付近から見下ろす高松の景色

高台にある調整池付近からは、目の前に屋島を望みながら高松の市街地を見下ろすことができます。遮るもののない高松の景色は、まるで大地と空と溶け合うかのよう。くっきりと晴れていれば、南に香川と徳島の県境となる四国山脈を見渡すことができます。

No.3
漆の原料となるマケノキをはじめ多様な自然が広がる。
調整池付近の植物の群生

さまざまな植物が自生している、採石場下の調整池付近。漆の原料が採れるマケノキも多く見られます。初代高松藩主・松平頼重が漆器製作を奨励したため、高松では漆芸文化が盛ん。そんな地元ならではの植物といえます。また、桐の若芽や葦、ザクロなどもあり、豊かな自然が広がっています。

No.4
庵治エリアへの入口。越えればもっとローカルな庵治半島へ。
丸山峠

ちょうど庵治半島の中間くらいにある峠。平坦な牟礼エリアから、ここ丸山峠を抜けると庵治エリアへ入ります。本来、自転車にはキツい勾配ですが、電動アシスト自転車なのでストレスなく登ることができます。峠を中腹に差しかかれば、左手には徐々に瀬戸内海の景色が広がり、町の印象も変わって見えます。ここからが、もっとローカルな庵治半島のはじまりです。

No.5
石材加工に欠かせない素材。その正体は?
しゃしゃぶ

不思議な名前をしていますが、「しゃしゃぶ」とはグミの木のこと。関西から四国にかけて、方言交じりでこのようにいわれるようです。なぜしゃしゃぶが見ものなのかというと、実は石材加工に欠かせない素材だから。強度としなりに優れており、石材道具の柄の部分として使用されていました。かつては石屋の庭先に植えられている風景もよく目にしました。

Reservation
サイクルツアーのご予約

予約優先となります。下記にてご利用可能なスケジュールをご確認のうえ、ご参加人数とともにお申し込みください。
自転車は電動アシスト自転車を使用します。体格や身長に合わせて3タイプをご用意しております。ガイドをご確認のうえ、ご自身に合ったタイプをお選びください。
また、各コースともガイドツアーとなります。